holk

"身近な人々のための服の在り方"をコンセプトに、尾州という地域で、小さな工場の熟練された職人の手によって機織りから縫製までの工程を行なっています。職人の高齢化が進み繊維産業の衰退が危ぶまれる今日、若き職人と共に技術を学び、後世に残る物作りに取り組んでいます。また、物作りからご購入までに関わる全ての人の心が豊かになるプロダクトであることを目指しています。